相続税などの専門的なトラブルを解決|スペシャリストに任せろ!

女の人

身内のトラブル

弁護士

テレビドラマなどで出てくる相続問題のトラブル。資産家が亡くなり、その後に血縁関係にある親子や親戚などがドロドロと揉めている姿が殺伐と描かれている作品は多いでしょう。このような遺産トラブルは、一般家庭にはあまり見られないことだと思われているようですが、決してそういうわけではありません。実際に平成22年までの10年間で見た相続トラブルの相談件数は、日本全国で約18万件あったと言われており、その全てが弁護士を雇い家庭裁判所で争われているケースです。家庭裁判所までに発展したトラブルでこれだけあるということですから、示談などに持ち込む件数を想定すれば、まだまだ数多くあるということが分かります。

万が一、相続トラブルに巻き込まれた時に相談する際には、税理士や司法書士という選択肢もあります。ただ、裁判のことを見越して争うことになるのであれば、弁護士に相談をするという方法が選ばれています。相続トラブルで家庭裁判所のような法廷での争いに発展した時は、税理士や司法書士では対応できません。代理人となれるのは、弁護士の資格を持った人だけですから、予め相談する際も弁護士を選んでおいた方がいいでしょう。相続トラブルに対して専門的に相談を請け負っている弁護士も数多くいるので、困った時に力になってくれるはずです。たくさんあることで、依頼する弁護士事務所をどこにしようか迷ってしまう人もいます。このような人は、多くの人から高い評価を得ている弁護士事務所を見つけて依頼するといいでしょう。